プロフィール

るろうにランナー

Author:るろうにランナー
*********************************
エントリー済みレース:
2017

*********************************

*********************************
blog開設後のベストタイム:

10km : 38分08秒
(2013/05:柏の葉キャンパス)

HALF : 1時間28分11秒
(2013/11:那須塩原ハーフ)

FULL : 3時間55分54秒
(2014/03: 古河はなもも)
*********************************

年齢:28歳
居住:神奈川県 大和市
職業:設備管理

相棒(シューズ):
adizero japan boost2
ソーティマジックライズ

思い出のレース:
湯河原オレンジマラソン(神奈川)
伊達ももの里マラソン(福島)
京都マラソン(京都)
春日部大凧マラソン(埼玉)
定山渓トレイルマラソン(北海道)
かすみがうらマラソン(茨城)

お気に入りレース:
葛西臨海公園ナイトマラソン(東京)
湯河原オレンジマラソン(神奈川)
流山ロードレース(千葉)
鴻巣パンジーマラソン(埼玉)
会津若松鶴ヶ城ハーフマラソン(福島)
いわい将門ハーフマラソン(茨城)

走ってみたいレース:
湘南国際マラソン(神奈川)
東京マラソン(東京)
金沢マラソン(石川)
大阪マラソン(大阪)
那覇マラソン(沖縄)
北海道マラソン(北海道)


10kmとハーフをメインに、関東圏内の大会に参加しています。
過去には陸上経験がありますが、今はあくまでも「その日の自分に合わせた目標タイムをきる!」ことをモットーに緩く楽しいランニングを続けています。

2015年の結婚を機にしばらくランニングから遠ざかっていましたが…、2017年1月から再開しました。定期的に大会に参加し、走ることを継続するのが当面の目標です。

ランニング以外にも、日々のつぶやきを記していきたいと思います!

コメント下されば、必ず返信コメント致します!気軽にコメント頂けると嬉しいです。

(PCで操作しているため、スマフォや携帯では表示に若干のズレが生じることもあるかもしれませんが、ご了承下さいませ)

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

お越し頂きありがとうございます!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

鼻づまり解消の手術を受けてきました

ご無沙汰しております。

私の長年の悩みであった「鼻づまり」を解消するため、思い切って川崎にある某大学病院にて、手術を受けてきました。
「鼻中隔彎曲矯正手術(+下鼻甲介骨切除・中鼻甲介切除)」という感じの術名でして、
①鼻中隔彎曲矯正
 ⇒鼻の左右を仕切る壁の中の骨(鼻中隔という軟骨)が彎曲しており、この彎曲部分を取り除く手術
(成長段階で骨と軟骨の成長速度の差から「ひずみ」を生じ、成人の9割程度は彎曲していますが、この症状が酷いと、空気の流動に異常を生じて呼吸しずらくなるものです。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を引き起こすもとにもなってしまいます。)
②下鼻甲介骨切除
⇒鼻腔内にある上・中・下の垂れた粘膜のうちの一番下のもの(下鼻甲介)について、すごく膨れいるために、中の骨をくり抜く手術
(一般に花粉症やハウスダストなどで鼻呼吸が苦しくなる方は、この下鼻甲介がアレルゲン物質に反応して膨張することによって生じます。よく訊く レーザー処方は、この下鼻甲介の表面をレーザーで焼いてしまい、アレルゲン物資に一定期間反応しないようにしているのですね。)
③中鼻甲介切除
⇒鼻腔内にある上・中・下の垂れた粘膜のうちの中段のもの(中鼻甲介)の一部を切除する手術
(長年の鼻腔内の悪環境により、私の場合は中鼻甲介もパンパンに膨れておりました この一部を切除してもらいました。)
といった内容です。

やっぱり鼻呼吸がまともにできないと、人生損した気分になります。。
一般的には睡眠の質の低下(悪い場合は睡眠時無呼吸症候群という症状になることもあり)、集中力の低下、日中の眠気、血圧の上昇、アレルギー鼻炎の発症などがその症状として挙げられますが、ランナーにとってはやはり「呼吸量の低下」が気になりますよね!!
まぁ、ランニング中は口呼吸なわけだし、あまり関係ないのかな??
サッカー日本代表の宇佐美選手は、心肺機能向上のためにやはりこの手術を受けたそうですよ!

とにかく、「残り40、50年生きるのであれば、クオリティ オブ ライフ の向上のためにも」と思い、今回の手術に踏み切りました。

5日間入院しての手術で、前評判では「手術後は痛い、地獄…」のようなレビューを見たことがあり少し怖かったのですが、私的には術後の痛みはほとんど無く、主だった苦痛はなかったように感じてます。中・下鼻甲介は血管の塊とも言われるとおり、切ったことで血がなかなか止まらなかったことぐらいが苦痛と言えば苦痛でしたかね(汗)

退院した現在、まだ鼻に詰め物をしているため、その改善具合は次の外来までのお楽しみといった感じです。

以上、近状報告でした!!
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム